Selection for my Life

いま、僕にできること。

Peugeot3008 ドアロックカバー サイズ不一致残念

Peugeot3008 ドアロックカバー

 

ドアロックカバーなる物をAmazonさんで発見して発注。

商品情報には、5008/308と記載がある。

Peugeot3008 / 5008 は基本一緒でしょ。と思ったのが間違い。

全部ドアは形状一致しましたが、後部ドア側が微妙に違う。

全部ドア側だけ設置しました。後部は諦め。残念。

 商品の作り的には、「缶バッチ」みたいにペラペラです。

近くで見ると、安っぽさ満載。でも、ドアロックなんて、近くで見ないよね。

https://www.instagram.com/p/CAkNt_7ApNd/

 ま、これに懲りずにお試し頑張ろ。

Peugeot 3008 カップホルダベゼル

 Peugeot 3008 カップホルダベゼル

3008の内装自己満足アイテム

中国製品なんですね。脱脂用のディッシュがアルコールでなく、灯油臭いです。

両面テープは、分割されており、テープを剥がしにくいですが、剥がす前に、大体の設置位置 を決めて、一気に貼ります。

走行性能には、影響与えません。工具不要。簡単施工で、見た目Onlyです。

センターコンソールのシルバーベゼルと違和感ないので、自己満足アイテムとしてGoodでした。

  
f:id:hatcy840:20200523091701j:image f:id:hatcy840:20200523091729j:image f:id:hatcy840:20200523091748j:image

 

ディーゼルウェポン投入

 ディーゼルウェポンを投入しました。

投入した車両は、PEUGEOT 3008 BlueHDI  

13,300km走行した状態で投入しました。

8,000kmあたりでディーゼルワンも投入しているのですが、今回は Amazonディーゼルウェポンを購入。

 

○○効果!? かなり速攻性があるかも、投入後10分ぐらい走行した時点で、なんだか静かになりました。アイドリングストップからの復帰がスムーズです。

ディーゼル乗りの方にはおすすめ!!

コストもディーゼルワンよりは安い。

ただ、小分けボトルに入れるに、手が汚れる・・・。

ディーゼルウェポン500ml

ディーゼルウェポン500ml

  • メディア: その他
 

 

 ディーラーから勧められた、ディーゼルワンですが、

効果はあると思います。でも、「静か」ではなく、「スムーズ」になる感じ。

でも、効果が薄れるので、継続使用するには、やはりコスト面で結構負担。

でも、1本単位で投入できるので、ディーゼルワンの方が、手も汚れず、便利かな。

 

 

 

約10年乗り継いだBMWを降りる

30才になったころから乗り継いだ 
BMW今日で降りることになります。

ありがとうBMW。楽しかったよBMW
約10年ほど乗りました。
Z4(E85) -> X3(E83) -> 320d(F31) 

Z4(E85)
良い車。「駆け抜ける喜び」を素直に体感できる車種です。
ラグジュアリーでスポーツでした。「車を運転してるっ!」って感じです。
しっかりしたハンドリング。固めの足だけどビシッとBMW感。
機会があれば、また乗りたい1台です。

X3(E82)
長野に転勤になり、極寒の長野ライフを過ごしたタフでしっかり者の1台。
xDriveは優秀だと思いますが、四駆でも下り坂のブレーキは滑ります。
ただ、重量配分がよいのか、バランスがよいのか、なんとなく予想ができる滑り方をするので、注意して運転すれば、コントロールできて、頼もしく思いました。
ATがおかしくて、AT予防交換してもらったので、11万kmまで元気に走行してくれました。さすがに、青森や、山口までドライブに行くようになり、ハイオクの燃費がお財布にあたえる影響を考慮して、320dへ乗り変え。
X3は、ちゃんとメンテナンスしていたので、下取り後、車検が残ってた1年ほど、ディーラーで代車として活躍していたみたい。ブッシュ全交換や、エンジンフラッシングなど、ちゃんとメンテしてた。ハイオクが高騰した時代がなければ、もっと乗ってたなぁ。

 BMWフューエルクリーナ入れると、燃費は伸びます。静かになる。おすすめ!!

https://www.instagram.com/p/y30GR0rJ45/

 
320d ツーリング(F31)
BMWのスタンダード。ディーゼルエンジンとツーリングということで、乗り換えた。この車は、BMW感が少ない。運転フィールは優等生だと思う。だけど、BMWの味がしない。ハンドルは軽めなので、体調悪くても運転しやすい。笑
あと、燃費はんぱない。長距離(高速運転)は20km/Lを越える。ディーゼル燃料とあいまって、お財布に優しい。東京往復は、休日であれば、新幹線コストより安いので、のんびりドライブで東京まで車で走ってた。
目線の低さと、運転フィールが個人的にはイマイチだと感じたBMWだった。
(代車で借りた3シリは大分改善されてたので、新しい車は良いと思うけど)
とはいえ、10万kmまでしっかり走れたので、満足してます。
けっこう、周りに「きれいな車だね」って言われてたし、見た目古さを感じないデザインでよかった。

https://www.instagram.com/p/BxE59qeAiqf/

 



消費税UPや、もろもろの環境変化により、BMWを降りることになりました。
経済力が低下しているので、プレミアムブランドを維持することができなくなってしまったので、大衆車へ乗り換え。


なんとなく、しんみり。
ま、でも車好きなんで、次の車も楽しんで乗ろうと思います。

BMW 320d ツーリング 18インチホイールって。

320dツーリング 6年ものの車ですが、冬用スタットレスタイヤから夏用のランフラットタイヤに交換しました。

 

冬用タイヤ 17インチ ミシュラン

から

夏用 ピレリ 18インチ

 

夏タイヤは、純正オプションの18インチになっています。冬用非ランフラ17インチから交換すると、かなりハンドルが重くなります。

また、個人的意見ですが、僕の年式の320dからすると、18インチは相当ばたつきます。純正ホイールで重いからかもしれません。というか、タイヤ交換すると毎回感じるので、間違いないです。高いオプションだと思うのですが残念です。

(最近の3シリーズは改善されているのかな?)

 

たぶん、BMWの足のばたつきを感じている純正タイヤユーザの方は、

軽量ホイールか、非ランフラ化すると、ハンドル操作、乗り心地改善すると思います。

※あくまで個人的見解です。

 

ちなみに、タイヤはミシュランが好きです。タイヤの剛性感高いと感じるので、ドイツ車と相性よいと思ってます。夏タイヤミシュランにしたい。

Amazon Fire Stick TV を買った。

Amazon Fire TV Stickを購入

 いつもはPCで映画を観てましたが、ちょっと買ってみました。

Fire TV Stick

Fire TV Stick

 

 Amazonで購入すると、アカウントがセットされた状態で出荷されてきます。

視聴開始までは、めちゃくちゃ簡単です。

 

Step1 荷物開封

Step2  本体と電源ケーブルの接続(USBケーブル)

Step3 TVのHDMIに接続

Step4 wifiの設定する

Step5 視聴開始!

 

この5ステップで視聴開始できます。(Amazonプライム会員には以前から加入済)

自宅のTVはちょっと古いので、4K対応版ではないです。

高性能TVを持ってる人は、2千円ぐらい高いですが、4K版の方が良いです。絶対。

音も Dolby Atmos対応してる。(通常版はDolby Audio)

新登場  Fire TV Stick 4K - Alexa対応音声認識リモコン付属

新登場 Fire TV Stick 4K - Alexa対応音声認識リモコン付属

 

TVで映画を観る分には、快適です。ものすごく快適です。

ChromeCastより良い!なんてったって、リモコンついてる。音声検索もできる。

 

のんびり視聴するタイプの人からする人は買いですね。

すごくおすすめ。

 

 FireTVStick

解像度は、HD

音声は、 Dolby Audio

無線規格などの11ac対応なので、体感速度も問題ない。

 

FireTVStick 4K 

解像度は、4K

音声は、 Dolby Atoms

4KTVもってたり、ホームシアターなどのスピーカー持ってたら、こっち。 

 

CentOS 初期設定の自分メモ

CentOSの初期設定の自分メモ

このメモは、自分で検証する際に、CentOSをセットアップするのですが、

毎回初期に行うお決まりの設定項目についてメモしておく。

 

1.Timezoneの設定

# sudo timedatectl set-timezone Asia/Tokyo

 

timezoneを確認したい場合、下記のコマンドでリストを表示

# timedatectl list-timezones

 

 

2.chronydの設定で時刻合わせ

とりあえず、yum インストールする。

# yum install chrony

 

NICTのNTPサーバに同期をするように設定する。

# vi /etc/chrony.conf

confファイルを編集します。編集内容としては、一行(NICTサーバを追加します)

server ntp.nict.jp iburst

------ (こんな感じの場所に追加)

server 0.centos.pool.ntp.org iburst

server 1.centos.pool.ntp.org iburst

server 2.centos.pool.ntp.org iburst

server 3.centos.pool.ntp.org iburst

------

iburst を指定しておくと、同期が早くなるらしい。なくても同期はするかも。 

 

3.selinuxの確認

設定を確認

# cat /etc/selinux/config

----- (設定を確認する。disabledなら無効化)

# SELINUX= can take one of these three values:

#     enforcing - SELinux security policy is enforced.

#     permissive - SELinux prints warnings instead of enforcing.

#     disabled - No SELinux policy is loaded.

SELINUX=disabled

-----

 

4.yum アップデート

お決まりのコマンド

# yum -y update

 

5.検証始める前に確認

OSのバージョン確認

# uname -a

自動起動などの確認

# systemctl list-unit-files 

 

 

標準テキスト CentOS 7 構築・運用・管理パーフェクトガイド

標準テキスト CentOS 7 構築・運用・管理パーフェクトガイド

 

 

NTP Security: A Quick-Start Guide

NTP Security: A Quick-Start Guide