Selection for my Life

いま、僕にできること。

CentOS 初期設定の自分メモ

CentOSの初期設定の自分メモ

このメモは、自分で検証する際に、CentOSをセットアップするのですが、

毎回初期に行うお決まりの設定項目についてメモしておく。

 

1.Timezoneの設定

# sudo timedatectl set-timezone Asia/Tokyo

 

timezoneを確認したい場合、下記のコマンドでリストを表示

# timedatectl list-timezones

 

 

2.chronydの設定で時刻合わせ

とりあえず、yum インストールする。

# yum install chrony

 

NICTのNTPサーバに同期をするように設定する。

# vi /etc/chrony.conf

confファイルを編集します。編集内容としては、一行(NICTサーバを追加します)

server ntp.nict.jp iburst

------ (こんな感じの場所に追加)

server 0.centos.pool.ntp.org iburst

server 1.centos.pool.ntp.org iburst

server 2.centos.pool.ntp.org iburst

server 3.centos.pool.ntp.org iburst

------

iburst を指定しておくと、同期が早くなるらしい。なくても同期はするかも。 

 

3.selinuxの確認

設定を確認

# cat /etc/selinux/config

----- (設定を確認する。disabledなら無効化)

# SELINUX= can take one of these three values:

#     enforcing - SELinux security policy is enforced.

#     permissive - SELinux prints warnings instead of enforcing.

#     disabled - No SELinux policy is loaded.

SELINUX=disabled

-----

 

4.yum アップデート

お決まりのコマンド

# yum -y update

 

5.検証始める前に確認

OSのバージョン確認

# uname -a

自動起動などの確認

# systemctl list-unit-files 

 

 

標準テキスト CentOS 7 構築・運用・管理パーフェクトガイド

標準テキスト CentOS 7 構築・運用・管理パーフェクトガイド

 

 

NTP Security: A Quick-Start Guide

NTP Security: A Quick-Start Guide