読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Selection for my Life

いま、僕にできること。

zabbix3.0 をvagrantにインストール

zabbix3.0 になって、予測検知の機能が入ったとのことで、

WindowsなどのHDD容量の予測検知に使えないかなぁ〜と思って、とりあえずzabbix3.0をインストール。

過去のインストールメモが古かったzabbix2.4だったので、ドキュメント更新ついでにブログにアップしておく。

 

zabbixのインストール

- vagrantで仮想サーバを準備

# vagrant init centos70-minimal

- Vagrantファイルを編集して、ネットワークを作る
# vi Vagrant
config.vm.network "private_network", ip: "[host IP]"

 

- vagrantの軌道
#vagrant up

 

- タイムゾーンを日本に変更しておく
# timedatectl set-timezone Asia/Tokyo

 

- 作業前に更新処理しておく
# yum -y upgrade
CentOS Linux release 7.2.1511 (Core)
# yum -y update

 

- selinuxの無効化
# vi /etc/selinux/config
disableにして、rebootする

 

- とりあえず、FWを無効化しておく
# systemctl list-unit-files | grep firewall
enabled だった場合、下記で無効化
# systemctl disable firewalld.service

 

- 時刻設定 chrony
# yum install chrony
# systemctl stop ntpd.service
# systemctl disable ntpd.service
# vi /etc/chrony.conf
追加
server ntp.nict.jp iburst
# systemctl start chronyd.service

# systemctl enable chronyd


- Zabbix SIA リポジトリ追加
# yum install http://repo.zabbix.com/zabbix/3.0/rhel/7/x86_64/zabbix-release-3.0-1.el7.noarch.rpm


- zabbix 関連パッケージのインストール
# yum install zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql zabbix-web-japanese zabbix-agent

- MariaDBのインストール
# yum install mariadb-server

- MariaDBの設定
# cd /etc/my.cnf.d/
# cp server.cnf server.cnf.org
# vi /etc/my.cnf.d/server.cnf
下記設定項目追加
[mysqld]
character-set-server = utf8
collation-server = utf8_general_ci
skip-character-set-client-handshake
innodb_file_per_table

- MariaDBのスタートと自動起動設定
# systemctl start mariadb
# systemctl enable mariadb

 

- MariaDBに Zabbixデータベース準備
# mysql -uroot

> create database zabbix;
> grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost identified by 'zabbix' ;
> flush privileges;

- zabbix用のDB設定を入れる
yumでインストールされるバージョンによって設定sqlファイルのパスを調整する
# zcat /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-3.0.4/create.sql.gz | mysql -uroot zabbix


- zabbix設定ファイル編集 DB接続パスワード設定
# cd /etc/zabbix
# cp zabbix_server.conf zabbix_server.conf.org
# vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf
DBPassword=zabbixDBPassW0rd

- zabbixのWebGUIのタイムゾーン設定
# cd /etc/httpd/conf.d/
# cp zabbix.conf zabbix.conf.org
# vi /etc/httpd/conf.d/zabbix.conf
php_value date.timezone Asia/Tokyo


- zabbixの起動と自動起動登録
# systemctl start zabbix-server
# systemctl enable zabbix-server

# systemctl start zabbix-agent
# systemctl enable zabbix-agent

# systemctl start httpd
# systemctl enable httpd


- webGUIに接続できなかったので、iptableを止める
# systemctl stop firewalld

- webGUIに接続
http://[host IP]/zabbix/setup.php
  DB接続で、user/passwordでzabbix/zabbixDBPassW0rd

WebGUIで初期設定が終わるとURLが表示される
http://[host IP]/zabbix/index.php#

初期ログイン Admin/zabbix