Selection for my Life

いま、僕にできること。

はじめての ハルキ

初めて村上春樹の小説を読んだ。

 

 

書店で、山積みされていた文庫。

村上春樹だった。「ハルキスト」ではない僕は、普通に書店の「おすすめ」として読んだ。

人気作家だけのことがあるのか、すごく読みやすい。

SF、ファンタジー、ミステリー どんなジャンルが好きかどうかでなく、物語にすんなり入っていける。だから人気なのだろうか?

一冊よんだだけで、村上春樹の良さがわかるわけではないが、別のハルキ作品も読もうと思える作品だった。

 

通勤時に文庫を読む人にはオススメ作品です。

長くも短くもなく、それほど複雑ではないので、細切れに読んでも大丈夫。

SFや、ミステリーとちがって、読み終わりの爽快感はそれほどありませんが、

余韻が残る作品でした。

ネタバレなどがあると嫌がる人もいると思いますが、読み人によって読み終わった感想は違ってくるので、何がどうしてそれほど内容を隠す必要はないような作品だと感じました。

読んでみて、好き嫌いはあるかと思うけど、村上春樹を読んでないなら読んだらよいと思う作品でした。