読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Selection for my Life

いま、僕にできること。

10 エージェント経由 食品業界 K社 〜 転職活動の記憶

10 エージェント経由 食品業界 K社

10-1 一次面接 配属先部長との面談

地元有名企業の食品業界企業へ面接に行ってきました。
エージェント経由だと、書類選考通るもんだなと思います。というか、食品業界といっても販売店なども運営しているので、サービス業的なところもあるみたいです。サービス業界は慢性的な人手不足でしょうか。面接の内容も、システム関係だけじゃなく、販売店舗へのヘルプや休みが少ないことなどがあり、確認事項として大丈夫か聞かれます。

多分採用部署で使えないと、いろいろ配置転換されるんでしょうね。今回の面接は、担当部署の部長さんも同席ということで、淡々と面接が進みました。若い部署リーダー的な方もいたのですが、技術的な話になると、汎用機のプログラム経験が少ないところを部長に指摘されてしまいました。web系やオープン系の話は部署リーダーの方と同等以上の会話はできたのですが、汎用機についての内容がユーザー管理部分や運用部分だけで、プログラム開発部分については不足しているという感じでした。


結果、「技術不足」という理由で不採用通知を受けました。 う〜ん。残念ですが、企業のニーズと僕のスキルがマッチングしなかったようです。不思議と悔しさはなく、「あの会社と合わなかったな」という感想でした。