Selection for my Life

いま、僕にできること。

句読点が多い文書になる。

嫁からのLINEで、僕の文書は句読点が多いと・・・。

句読点が多くなる理由を考えてみた。
基本的にLINEでは、スマホの予測保管機能を利用して入力している。
勝手に「、」が入った予測変換が表示されうので、それを利用しているにすぎない。

なぜ、「、」が入った予測変換が表示されるのだろうか?
これは、プログラマ的癖が関係しているのではないか?

それは、変換を単語ごとに実行する癖
プログラムを書くと、print $a 的な 単語の入力を反復する。
エディタの入力補完も単語ごとに行われるので、文章を短く切る癖があるのではないか?

一般の人は、どのくらいの文書単位で変換キーを押しているのだろうか?

「きょう」(変換)は、(確定)てんき(変換)が(確定)よい(変換)ですね。

今日は天気が良いですね

となるわけですが・・・。
どうですかね? 普通だと思うんですけど・・・。
スマホの予測補完は、「今日、」「天気が、」などと句読点が付いた予測変換が表示される場合が
多いので、あえて、句読点を消さないと 確かに句読点が多い文章になる。

たぶん、癖なんだろうと思う。

いい生き方、いい文章―美しい文章作法 (アテナ選書)

いい生き方、いい文章―美しい文章作法 (アテナ選書)

大人の文章術

大人の文章術

美しい日本語表現敬語も磨く

美しい日本語表現敬語も磨く