Selection for my Life

いま、僕にできること。

OSSの今を知る OSSビジネス動向と地域産業振興の取組

OSSの今を知る OSSビジネス動向と地域産業振興の取組


講演
OSSと地域産業振興

講演
Rubyから始まった地域振興モデル

講演
Rubyを活用した地域産業振興の取組

パネルディスカッション

懇親会

というスケジュールでした。

OSSの取組について売上や雇用数など具体的な資料もあり、
興味深い講演でした。実際に講演を聞くということで、言葉の強弱や、
資料からは伝わらない間隔など沢山刺激を受けました。
OSSでビジネスを考えていくということを、熱く伝わってきました。

それと、なぜ、Ruby,Rubyと騒がれている理由も、すこし理解できたような感じです。

僕は、Rubyにそれほど触れたことがないし、仕事上でも必要としませんでした。
しかし、OSS界隈では、やはり国内では、Rubyの勢いがすごいです。
書籍や、ネットで見ているだけでは、Rubyという言語がそれほどの優位性を持っていると
思っていませんでした。

今回の講演を聞いて、OSSとしての地域取組。Rubyという国産プログラム言語。
Rubyでやってみたい。国産言語を使いたい。という気持ちになりました。

自分は、プログラマというよりインフラエンジニアよりだと思っているのですが、
Chafとかもあるし、インフラ運用関係で、Rubyを使えることも沢山あると思うので、
Rubyにチャレンジしていこうと思います。

いやぁ~。影響受けまくりの会だった~~。

追伸。
某県の公務員らしからぬ公務員がすごい!すごいぜ がはぁ~!