読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Selection for my Life

いま、僕にできること。

リプライズを利用してみたよ。

リプライズを利用してみたよ。

リブライズ 〜すべての本棚を図書館に〜

http://librize.com/ja

リプライズについての詳しくは、Webサイトを参照したほうがよいので、割愛します。
会社で、参考書籍を貸出す際や、人が集まる場所に置いてある書籍を図書館的に貸し出しができるような仕組みです。
なんて便利なんでしょう!


昔、会社に社員で持ち寄り書籍を集積した際の貸出管理をしていたのですが、
このシステムがあれば、楽チンです!


たぶん、多くの技術会社であれば、多かれ少なかれ参考書籍があるはずですので、
管理している人には、すぐにでも使ってみてほしいWebサービスです。

ただ、Facebookのアカウントが利用上必要になります。
これは、今後、いろいろなアカウントが利用できるようになるのを希望しますが、
たぶん、各WebサービスのAPI次第って感じです。

リプライズのサイトで、アカウント登録(Facebookのアカウント利用)するだけでPC画面上にQRコードが表示されます。
そのQRコードをスマホのQRリーダーで読み取りサイトにアクセスすると、バーコードが表示されるので、
リプライズの図書館管理者へそのバーコードと、書籍のバーコードを見せると、貸出処理ができます。

今回は、「塩尻オープンソースラボ」の図書館を利用しました。

塩尻オープンソースラボ - Librize
http://librize.com/SOLA