読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Selection for my Life

いま、僕にできること。

履替後レビュー MICHELIN LATITUDE TOUR HP

履替後レビュー MICHELIN LATITUDE TOUR HP

5月の終わりに履替えた夏タイヤ。
一か月半ほど、乗ってみた感想を書いておこうと思います。

履替えた車種は、
BMW X3 E83  
走行距離は、8万Kmを超えました。そろそろエンジン音も大きくなり、ちょっと古さを感じるぐらいです。

タイヤの感想ですが、

1.走りだしが軽い

エンジンやATが温まっていない状態で、走り出した場合、シフトアップの回転数が2800回転付近で、シフトアップしていたのが、2500回転程で、シフトアップするようになりました。
これは、走り出しの走行抵抗が減っているんだと思います。ちなみに、タイヤ交換後にエンジンオイル等の交換はしていません。

2.走行中の車内が静か

シフトアップのエンジン回転数が低くなったので、その影響もありますが、静かです。
ピレリスコーピオンSTRより静かです。

3.アクセルオフで車速が落ちにくい

アクセルオフしたときに、空走する距離が伸びます、確実に。

4.燃費の向上


街乗りの場合、9km/L であまり変化ありません。
高速の場合、11km/L から 13km/Lへ向上しました。

街乗りでは、信号で停車している時間が長いので、結局燃費が変わりませんが、高速はあきらかに向上します。

まとめ

交換について、満足しています。ミシュランということで、品質については心配していませんでしたが、国産メーカーとの価格差もそれほどなく、体感して改善する燃費と静粛性に満足です。
耐久性についての評価はできませんが、あまり短いようなら、またブログにレビューしたいと思います。