Selection for my Life

いま、僕にできること。

Zabbix zabbix-agentをインストールして、自サーバを有効にする

Zabbix zabbix-agentをインストールして、自サーバを有効にする

Zabbix-Serverをインストールしたサーバに zabbix-agentとインストールして、自サーバを有効にする。

Zabbixのyumレポジトリを有効にします。

[root@zabbix ~]# vi /etc/yum.repos.d/zabbix.repo
[zabbix]
name=Zabbix Official Repository - $basearch
baseurl=http://repo.zabbix.com/zabbix/2.0/rhel/6/$basearch/
enabled=0 →  enabled=1 (1が有効0が無効)

yumでzabbix-agentをインストール

[root@zabbix ~]# yum install zabbix-agent

設定ファイルの編集

[root@zabbix ~]# cp  /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf.org
[root@zabbix zabbix]# vi zabbix_agentd.conf
PidFile=/var/run/zabbix/zabbix_agentd.pid
LogFile=/var/log/zabbix/zabbix_agentd.log
LogFileSize=0
DebugLevel=3
SourceIP=127.0.0.1
Server=127.0.0.1
ListenPort=10050
ListenIP=127.0.0.1
ServerActive=127.0.0.1
Hostname=Zabbix server
Include=/etc/zabbix/zabbix_agentd.d/
# Include=/usr/local/etc/zabbix_agentd.userparams.conf
# Include=/usr/local/etc/zabbix_agentd.conf.d/

設定ファイル編集後、agentのサービスを起動

[root@zabbix zabbix]# /etc/init.d/zabbix-agent start
[root@zabbix zabbix]# chkconfig zabbix-agent on

ZabbixWebUIにログイン

・[設定]→[ホスト] メニューを選択
・[Zabbix server] のをクリック
・ステータス項目を「有効」にして、「保存」ボタン