Selection for my Life

いま、僕にできること。

Zabbixをインストールしてみる

Zabbixをインストールしてみる

前回からの続きです。
前回↓ 
http://hatcy840.hatenablog.com/entry/2013/06/27/204318

yumでupdate

CentOSのアップデートを実施する。更新さいたら、再起動を行う。

[root@zabbix~]# yum -y update
[root@zabbix~]# reboot

httpdのyum インストール

yumでインストールして、自動起動をOnにしておく

[root@zabbix~]# yum -y install httpd httpd-devel mod_ssl
[root@zabbix~]# chkconfig httpd on

phpのyum インストール

[root@zabbix~]# yum -y install php php-devel php-pdo php-mysql php-mbstring php-mcrypt php-gd php-pear
[root@zabbix~]# yum -y install php-pear-DB php-pear-Auth-*l php-pecl-apc-devel zlib-devel

mysqlのyum インストール

[root@zabbix~]# yum -y install mysql-server mysql-devel

mysqlの初期設定

一応、my.cnfをバックアップしましたが、初期状態から変更無で稼働します。

[root@zabbix~]# cp /etc/my.cnf /etc/my.cnf.org
MySQL起動
[root@zabbix~]# /etc/init.d/mysqld start
MySQL初期設定
[root@zabbix~]# mysql_secure_installation
対話式で設定が始まります。rootにパスワードを設定する以外は、すべてエンターでOKです。
Set root password? [Y/n] 
New password: <パスワード>
Re-enter new password:<パスワード>
MySQL自動起動設定
>

[root@zabbix~]# chkconfig mysqld on

Zabbixレポジトリのインストール

[参考URL]
http://www.zabbix.jp/documents/installation/zabbix-jp-repository

zabbix2.0系をインストールするため、URL使用

[root@zabbix~]# rpm -ivh http://repo.zabbix.com/zabbix/2.0/rhel/6/x86_64/zabbix-release-2.0-6.el6.noarch.rpm

yum でパッケージインストール

[root@zabbix~]# #yum -y install zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql zabbix-agent zabbix-get

yum update でzabbixがアップデートしないようにレポジトリの無効化

[root@zabbix~]# vi /etc/yum.repos.d/zabbix.repo

enabled=1 → enabled=0 に変更

zabbix用DBの準備

[root@zabbix~]# mysql -u root -p
Zabbix用DBの作成
create database zabbix character set utf8;
Zabbix用ユーザの作成
grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost identified by 'パスワード';
設定の反映
FLUSH PRIVILEGES;
exit

Zabbix用のDBスキーマとデータをインポート

[root@zabbix~]# mysql -uroot -p zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.0.6/create/schema.sql
[root@zabbix~]# mysql -uroot -p zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.0.6/create/images.sql
[root@zabbix~]# mysql -uroot -p zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.0.6/create/data.sql

zabbixサーバの設定

[root@zabbix ~]# cp /etc/zabbix/zabbix_server.conf /etc/zabbix/zabbix_server.conf.org
[root@zabbix ~]# vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf
# DBPassword=
 ↓
DBPassword=<パスワード>

Zabbixサーバの起動

[root@zabbix ~]# /etc/init.d/zabbix-server start

Zabbixサーバの自動起動を設定

[root@zabbix ~]# chkconfig zabbix-server on

Apacheの再起動

[root@zabbix ~]# /etc/init.d/httpd restart

Web画面で初期設定

http://設定したサーバ/zabbix/

f:id:hatcy840:20130630111233p:plain

f:id:hatcy840:20130630111234p:plain
PHPのtimezoneの設定がされてないぞ。ということで、Failになっているので、php.iniで設定することにします。
※今回は専用機なので、php.iniを編集しますが、php.iniが編集できない場合、.htaccessでもOKかと思います。

[root@zabbix~]# cp /etc/php.ini /etc/php.ini.org
[root@zabbix~]# vi /etc/php.ini
date.timezone = "Asia/Tokyo"
[root@zabbix~]# /etc/init.d/httpd restart

f:id:hatcy840:20130630111235p:plain

f:id:hatcy840:20130630111236p:plain
↑↑DBのパスワードを入力

f:id:hatcy840:20130630111237p:plain
↑↑そのまま進む

f:id:hatcy840:20130630111238p:plain
↑↑そのまま進む

f:id:hatcy840:20130630111239p:plain
↑↑そのまま進む

f:id:hatcy840:20130630111240p:plain

初期ユーザでログインします。

 ユーザ名: admin 
 パスワード:zabbix