読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Selection for my Life

いま、僕にできること。

Zabbixをインストールする前に基本設定

Zabbixをインストールする前に基本設定

■ネットワーク設定

設定ファイルのディレクトリまで移動

[root@zabbix]# cd /etc/sysconfig/network-scripts/
[root@zabbix]# cp ifcfg-eth0 ifcfg-eth0.org
[root@zabbix]# vi ifcfg-eth0

設定ファイルの編集

DEVICE=eth0
ONBOOT=yes
BOOTPROTO=static       ←固定したアドレスにする
IPADDR=192.168.0.100   ←設定したいIPアドレス
NETMASK=255.255.255.0  ←サブネットの範囲
GATEWAY=192.168.0.1    ←GWのアドレス
NETWORK=192.168.0.0
BROADCAST=192.168.0.255

ネットワークを再起動して、設定を読み込ませます。

[root@zabbix]# /etc/init.d/network restart

DNS設定

設置ファイルのディレクトリまで移動

[root@zabbix ~]# vi /etc/resolv.conf

設定ファイルの編集

#serach localdomain
nameserver 192.168.0.1 ←DNSのIP

SELINUXの無効化

とりあえず、無効化します。
設定ファイルの編集

[root@zabbix]# vi /etc/sysconfig/selinux

enforcing から disabled に編集

#SELINUX=enforcing
SELINUX=disabled

OSを再起動します。

[root@zabbix]# reboot

■時間の自動補正 ntpの設定

NetworkTimeProtocol
あまり時間がずれていると補正がうまくいかない場合があるので、手動で補正します。

[root@zabbix]# ntpdate ntp.nict.jp
25 Jun 22:42:18 ntpdate[1484]: step time server 133.243.238.243 offset 108.598193 sec

yum で ntp をインストール

[root@zabbix]# yum -y install ntp

設定ファイルで、NTPサーバを編集します。

[root@zabbix]# vi /etc/ntp.conf
#server 0.centos.pool.ntp.org
#server 1.centos.pool.ntp.org
#server 2.centos.pool.ntp.org
server ntp.nitct.jp
server ntp.jst.mfeed.ad.jp

NTPのサービスを起動します。

[root@zabbix ~]# /etc/init.d/ntpd start
ntpd を起動中:                                             [  OK  ]

サーバが起動したときに、自動的に起動するように自動起動ON

[root@zabbix ~]# chkconfig ntpd on