読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Selection for my Life

いま、僕にできること。

H25 Linux勉強会 vol 2

H25 Linux勉強会 vol 2

Linuxとは

基本ソフトウェア

・カーネル

OSの中核 HWと直接やりとりを行う。HWの違いを吸収して、同じ動作をさせるようなことをする。

ユーザランド

OSが動作するのに必要なカーネル以外の部分

 

Q.具体的なイメージがわからない。.

具体的なイメージを比喩で説明するのは、なんとなく難しいですね。笑

当日は、車を引かって説明してみましたが、正確にイメージが伝えられていないと思います。図などを使って説明しているサイトがないかGoogleで検索してみましたが、分かりやすいものがありませんでした。涙

 

Q.BIOSはどの位置になるの?

カーネルとHWの間

BIOSとは、Basic Input Output System (ベーシックインプットアウトプットシステム)ですね。これも、正確な比喩にはならないかもしれませんが、パソコン(コンピュータ)では、キーボードやマウス、CDドライブなど、いろいろな機器が接続されています。それぞれの機器には、電源ONスイッチはありませんよね。でもパソコンの電源スイッチを1つ入れることで、キーボードやマウスに電源が入り、使えるようになります。このパソコンの電源1つ入れることで、使う人の代わりに、BIOSが動作して、自動的に、必要な機器の電源を入れて使える状態にするのです。だから、Linuxに限らず、WindowsでもBIOSは必要なものになります。

 

ディストリビューション

・パッケージ

ソフトの導入を簡単にするためにディストリビューターが提供する。

パッケージマネージャ。依存関係を自動でチェック

    →パーケージマネージャ→第14回でテーマにします。

 

Linuxインストール

・CentOS6.4

virtualBoxを利用して、実際にCentOSをインストールする

仮想サーバ IP 192.168.0.150 

CentOS5.前半の設定画面より、シンプルなインストール画面になって、好印象。日本語を選択した時のヘルプの文章が分かりやすくなっていますね。初期のインストーラとなかり進歩している。。。。テキストのCentOs6.2からもインストール時の日本化が進んでいる。

 

インストール中にディスリビューションのサンプル

RedHat Enterprise Linux

商用のOS サポート付

Fedora

RedHatからの派生 先端技術を取り入れる

バージョンアップが早い

・Vine

日本で開発されたディストリビューション

安定性重視

APTを使用している

Turbolinux

日本製のディストリビューション

現在・・・?

CentOS

The Community Enterprise Operating System

Debian/GNU Linux

純粋なボランティアで開発

Ubuntu

「誰にでも使いやすく」が目標

Knoppix

CD/DVD起動できるOS

・その他・・・・。

YelloDogLinux あったなぁ~。

 

インストール後、初回起動

・ユーザー作成

・日付と時刻設定

    →ネットワーク上で時刻の同期にチェック

      ntpサーバを国内のサーバを追加 ntp.nict.jp

・KDUMPの設定

    →メモリ足りなくても、終了して進む 

・ログイン!!

    →ユーザーとアクセス権の会で詳しくは説明 

・iptableも止めちゃう。

    →テキストには、あとでちゃんと設定してねって書いてある

SELinuxを無効化する。

    →やっぱり無効化するか。SELinuxを効果的に運用することも勉強しない       と・・・。viで設定ファイルを変更する。

/etc/sysconfig/selinuxファイルの編集ミスをするとOSが起動しなくなると発言してしまったが、その後、CentOS6.4では、起動しなくなる事態にはなりませんでした。disabledと判断できない文字列の場合、SELinuxは有効状態になるようです。

 

【参考】

画像つきのインストール説明が掲載されているサイトがありましたので、参考に。

http://www.linuxmaster.jp/linux_skill/2013/03/03centos-64.html

IPアドレスや、ホスト名などは、今回の勉強会と当然違っていますので、読み替けしてください。

 

その他連絡

・6/21の予定を6/28に日程変更

・勉強会の担当調整

 

勉強会終了後に、

こんな部品的なもののデモを見ました。笑

これでも、Linuxが動作して、Webサーバとして、稼働するそうです。ビデオ出力は、HDMIということです。

基盤が丸裸ですから、実際に使うときには、設置環境を考慮する必要がありますね。

 

追伸。

勉強会会場から、一般道路を使用して、自宅まで帰ってみました。所要時間は、一時間半でした。国道を走行するのですが、周りは真っ暗です。笑 高速道路使用時と、30分程度の違いなので、勉強会帰りは、一般道で帰るようにしようかな。