Selection for my Life

いま、僕にできること。

Adempiereという OSS ERPパッケージ をインストールしてみただけ。涙

Adempiereという OSS ERPパッケージ をインストールしてみただけ。涙

システム導入な日々 04 http://hatcy840.hatenablog.com/entry/2013/04/25/214151

の続きとして作業していたOSSのインストールにちて、インストール後に、使い方がよくわからなくて、さらに詳しい情報もGoogle先生がうまく答えてくれなかったので、ボツネタとなりました。結果、自作プログラムでシステム導入を進めているのですが、OSSのERPパッケージを使ってみたいと思う人のために、インストール手順を残しておきます。だれか、使用方法と運用ノウハウがあり、オープンな情報を提供されているところがあれば、教えてください。

 

【参考サイト】

http://adempiere-jp.net/redmine/boards/16/topics/55

 

■Adempiereのインストール

ちなみに、今回はKVMを利用して、仮想サーバでインストールを実験しています。

 CentOS release 6.2 (Final) を使っています。

 

 1.JAVAの準備

# mkdir /usr/java

# cd /usr/java/

PCで下記にブラウザでアクセスして、目的のファイルをDL (オラクルのサインオンが必要)

http://www.oracle.com/technetwork/java/javasebusiness/downloads/java-archive-downloads-javase6-419409.html

DLしたファイルを/usr/javaへ転送

# chmod +x jdk-6u24-linux-x64.bin

# ./jdk-6u24-linux-x64.bin

# vi /etc/profile

(追記する3行)

export JAVA_HOME=/usr/java/jdk1.6.0_24

export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin

export CLASSPATH=.:$JAVA_HOME/jre/lib:$JAVA_HOME/lib:$JAVA_HOME/lib/tools.jar 

設定反映

# source /etc/profile

(OpenJDKをアンインストールするために現在インストールされているjavaのパッケージを確認します)

javaパッケージ確認

# rpm -qa | grep java

# java -version

java version "1.6.0_24"

Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.6.0_24-b07)

Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 19.1-b02, mixed mode)

 

2.PostgreSQLの準備

※ADempiere3.7のPostgreSQLバージョンとしては9.xを推奨します。

既存のPostgreSQLをアンインストールするためには以下のコマンドを実行します。

# yum groupremove "PostgreSQL Database"

Postgres9.xをインストールするため、yumレポジトリを追加する

# cd /tmp

# wget -P /tmp http://yum.postgresql.org/9.2/redhat/rhel-6-x86_64/pgdg-centos92-9.2-5.noarch.rpm

# rpm -ivh /tmp/pgdg-centos92-9.2-5.noarch.rpm

# yum install -y postgresql92-server postgresql92-devel postgresql92-contrib

# vi /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo

([base]と[updates]に下記を追加します)

exclude=postgresql

# chkconfig postgresql-9.2 on

 

DBの初期化を行います 

# service postgresql-9.2 initdb 

(postgresユーザのパスワードを設定します)

passwd postgres

Changing password for user postgres.

New UNIX password:[ioroot]

Retype new UNIX password:[ioroot]

passwd: all authentication tokens updated successfully.

 

(DBサーバーが実行中であれば停止します)

# service postgresql-9.2 stop 

PostgreSQLユーザに切り替えます)

# su - postgres

(DBサーバーの設定ファイル「postgresql.conf」を修正します) 

# cp /var/lib/pgsql/9.2/data/postgresql.conf /var/lib/pgsql/9.2/data/postgresql.conf.org.conf

#vi /var/lib/pgsql/9.2/data/postgresql.conf

-------------------------------------------

修正前:#listen_addresses = 'localhost'

修正後:listen_addresses = '*'

(コメントアウトを外します)

port = 5433

-------------------------------------------

(DBサーバーの設定ファイル「pg_hba.conf」を修正します)

# cp /var/lib/pgsql/9.2/data/pg_hba.conf /var/lib/pgsql/9.2/data/pg_hba.org.conf

# vi /var/lib/pgsql/9.2/data/pg_hba.conf

下記追記

-------------------------------------------

#"local" is for Unix domain socket connections only

local all all trust

# IPv4 local connections:

host all all 0.0.0.0/0 md5

# IPv6 local connections:

host all all ::/0 md5

------------------------------------------- 

rootユーザでPostgreSQLサーバーを起動するためにroot戻ります。

# exit

(DBサーバーを起動します)

# service postgresql-9.2 start

(再びPostgreSQLユーザに切り替えてADempiereのDBとユーザを作成します)

# su - postgres 

# psql

(DBの管理者ユーザpostgresのパスワードを設定します)

ALTER ROLE postgres with password 'ioroot';

(ADempiereに必要なDBとユーザーを作成します)

postgres=# CREATE DATABASE adempiere;

postgres=# CREATE USER adempiere WITH PASSWORD 'adempiere';

postgres=# \q

(ADempiereをインストールためにroot権限に戻ります) 

# exit

 

3.Adempiereの準備 

http://adempiere-jp.net/redmine/documents/26

DL ダウンロード用ユーザー登録は、Redmineの登録処理で、ユーザー登録を行う。

// ADempiere3.7JADG_R1.0のオールインワンサーバーインストールモジュール 

#mkdir /usr/local/adempiere

DLしたファイルを上記ディレクトリで解凍する

AD37JADG-AllInOneServerIntallModule.zip 

#cd /usr/local/adempiere

#unzip AD37JADG-AllInOneServerIntallModule.zip

# cd Adempiere

# cp AdempiereEnvTemplate.properties AdempiereEnv.properties

# vi AdempiereEnv.properties

(以下の項目をサーバー環境に合わせて修正します)

------------------------------------------- 

ADEMPIERE_HOME=/usr/local/adempiere/Adempiere

JAVA_HOME=/usr/java/jdk1.6.0_24

ADEMPIERE_FTP_SERVER=(ホスト名:localhostは使わないように)

ADEMPIERE_DB_SYSTEM=<DBのpostgresユーザのパスワード>(OSのpostgresユーザではありません)

ADEMPIERE_DB_PASSWORD=adempiere

ADEMPIERE_APPS_SERVER=(ホスト名:localhostは使わないように)

ADEMPIERE_WEB_PORT=80(サーバーで開いているポート番号)

ADEMPIERE_KEYSTORE=/usr/local/adempiere/Adempiere/keystore/myKeystore

ADEMPIERE_CERT_CN=(ホスト名)

ADEMPIERE_CERT_STATE=Tokyo(地域:都、県)

ADEMPIERE_CERT_COUNTRY=JP

ADEMPIERE_WEB_ALIAS=(ホスト名:localhostは使わないように)

ADEMPIERE_DB_URL=jdbc\:postgresql\://(DBサーバーのホスト名)\:5432/adempiere

ADEMPIERE_APPS_DEPLOY=/usr/local/adempiere/Adempiere/jboss/server/adempiere/deploy

 -------------------------------------------

# chmod -R +x *.sh 

ADempiereのインストールを実行します

# ./RUN_silentsetup.sh

※DBと接続できなかった。ホスト名を/etc/hostsに追加

起動スクリプトで、ポート変更も忘れずに。confも

http://d.hatena.ne.jp/nyanplus/20100910/1284079223 

※メールサーバ(Postfix)の設定

http://d.hatena.ne.jp/katsuren/20120505/1336243329 

# ./RUN_DBRestore.sh

# ./RUN_silentsetup.sh

 

ここまでくれば、あとは、上記の参考URLの手順で、サイトが確認できます。

初期パスワードは、SupuerUserだったかな。

でも、使い方がよくわかりませんでした。インストールした印象はよかったです。ただしく運用できれば、かなり有用なOSSなんではないでしょうか。運用能力の無い僕の力不足ですね。涙

 

※誤字脱字、項目の抜け、わかりにくい表現等、ご容赦ください。