読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Selection for my Life

いま、僕にできること。

タイヤ交換で営業を考える

やっと桜が咲きはじめ、スタッドレスタイヤから夏タイヤへ履き替えをおこないました。

f:id:hatcy840:20130406160843j:plain

 

タイヤはとっても重要なので、雪の心配だけでなく、気温が上がるのをまってから、履き替えを実施してます。でも、ホイールは、夏も冬も同じです。(おなじホイールを2セット持ってる。笑)

今回、実家近くのタイヤ屋さんで、お願いしたのですが、タイヤ屋のオヤジさんから息子さんに代わってしまっていました。そんな中、ちょっとした会話で、営業トークの大切さを実感したので、ブログに残しておこうと思います。

今回履き替えの際に、夏タイヤが3分山になっているとのこと。

この時点で、なぜ冬の間に連絡をくれなかったのか?オヤジさんなら、夏タイヤを外した時点で、チェックして、お勧めタイヤの見積金額を教えてくれたはず・・・・。そんな感じで、ずっと実家近くのタイヤ屋でお願いしたきたのですが、息子さんになってからは・・・。見積もらってたら、夏冬交換のタイミングで買換えるのですが、3分山のタイヤでは、多分、夏まで持たないから、長野で買換えだね。

同じタイヤのチェックをするだけで、結果は、同じはずなのに、チェックするタイミングだけで、7万から8万円の売買の差がでるよね。

自分の仕事に置換えると、確認作業をしっかり行うことで、その後の仕事に大きく影響が出るってことだね。

 

さて、夏タイヤを何にかえようか迷うな。買換え資金も準備しなきゃ。