Selection for my Life

いま、僕にできること。

もう少し BMW に乗ろう

 大学時代に免許を取りました。

それから、10年程経過しました。20代では、仕事とプライベートで、使える、国産SUVを14万キロ程乗りました。もともと、逃避行する癖があり、ドライブ好きで、車の運転が苦痛に感じない体質だったので、30歳なったのを機に、オープンカーを買いました。その時、出会ったのが、BMW Z4 でした。

【 駆け抜ける喜び 】 まさに そんな感じ。

しばらく、オープンカーとSUVの2台体制で運用していたのですが、結婚と、転職を機に、SUV 1台体制に戻しました。 そして、そのSUVがこちらの、 BMW X3 です。

 

f:id:hatcy840:20130303162117j:plain

SUVにも かかわらず、 駆け抜ける喜び を感じれる車です。

 そもそも、試乗が趣味だったので、仕事の休みが取れた時には、ディーラーを回っていました。その趣味のせいで、車を運転する感覚には、こだわりができてしまいました。

タイトルに書いた、しばらくBMWに乗ろうと思ったのは、普通のサラリーマンが購入可能であろう車には、それなりに試乗したつもりですが、やはり、BMWが一番、運転している感覚を受ける車だったからです。

 

このブログには、これから試乗した感想も載せていこうと考えています。そんな中で、まずは、現在の愛車。現在、自分が最良と思う車を載せておきます。

 

【BMW X3 2.5si】

普通のサラリーマンが乗っていても、金持ちに思われることがある。BMWという、ブランドの価値が日本人に刷り込まれている感じがする。しかし、X3は中型SUVなので、サイズ的には、嫌味がなく、駐車などに苦労することも少ない。ペーパードライバだった嫁も満足して普段の買い物に使っている。普段の燃費は、8km程度で、同サイズのSUVと比較しても、著しく悪いわけではない。これは田舎で信号や渋滞が少ないからもしれない。ステータス性なども含めて、冠婚葬祭にも嫌味なく乗って行ける一台です。

走行感覚については、よく走るSUVです。出だしたがどう、コーナーがどうの、とか言うつもりはないですが、うちの嫁いわく、「スムーズだ。」ということです。これは、国産の車に対して、エンジントルクが低回転から一定になっている感じで、運転者の車速の上昇感覚と実際の速度の増加が近いから受ける感覚なんだと思います。高速道路は、さすがにBMWで運転が疲れません。これは、ステアリングが重めで、直進性が高いので、修正舵を入れる回数が少ないことからくる感覚だと思います。あと、シートの出来なのかわかりませんが、3時間以上運転んして、SAなどで休憩すると、腰などに違和感を覚えますが、この車は、それが少ないです。オートクルーズの為、運転時に足を動かしやすいからかもしれません。

あと、中古車を購入するときは、認定車や、保証がついたものを買うことを強くお勧めします。この保証があるだけで、安心感が違います。実際、僕は購入後、AT全交換をしてもらいました。これが、保証が無かった場合を考えると、手放していたかもしれません。

車は道具です。自分の使う道具には、こだわりと安心をもって使うことが大切だと思いますので、保証有の車をお勧めします。

 

【BMW純正】BMW純正 BMWクラシックマグ 80900408551

【BMW純正】BMW純正 BMWクラシックマグ 80900408551

 

京商オリジナル 1/43 BMW X3 Swiss B-Guard Ge KYOSHO

京商オリジナル 1/43 BMW X3 Swiss B-Guard Ge KYOSHO

NOREV BMW X3

NOREV BMW X3